​外国人技能実習制度とは

外国人技能実習制度とは、日本に開発途上国等の外国人を受け入れて、日本の優れた技能・技術・知識を伝授し、帰国後に母国の経済発展に役立てる人材を育成する事を目的としています。
実習期間は最長5年であり、技能実習生には、雇用関係の下、労働関係法令が適用されます